2020年11月15日、山梨県南都留郡鳴沢村のふじてんスノーリゾートで行われる「A-DAY」に参加するため前日の14日からバイク4台と車1台で向かいました。コロナの影響で6月からの延期で11月になり富士山のふもとで行うには少し寒い季節ですが多くのことは考えず向かいます。「A DAY」はバイクパーツのスワップミートで熱気溢れるハーレーフリークが集う大変面白く、色々なパーツが手に取ってみれる貴重なイベントです。コロナ対策も万全にして中年5人組が千葉県の太平洋側から片道200キロ超えのロングランです。

天候にも恵まれ順調な走行。東京付近で渋滞にハマりましたが談合坂でみんなと合流。給油して会場に向かいます。富士急ハイランドを目印に高速から下り最寄りのスーパーマーケットを探して、ビールと水を確保。食事はspice motor cyclesさんが担当してくれるので心配は無用。林道を抜け急勾配を駆け上がり会場の「ふじてんスノーリゾート」に到着したのは5時間後の午後4時頃でした。

今年でチボリは2回目の出店。このイベントに誘って頂いたのが東京にある「spice motor cycles」さんの濱本くん。前回も驚きましたが今回も前年よりパワーアップしたキャンプサイトを設営して頂きました。チボリのキャンプは荷物が最小限なのに忘れ物も多く、空腹と悪酔いのキャンプが定例ですがspiceのキャンプは完璧です。移動用の小型バイクから暖炉や台所がテントの中に設置され驚くほどの料理が出てきます。

去年は6月の開催だったので寒さはなく、テントの下の石が痛くて少し寝づらい記憶でしたが今回は11月の開催。先日、雨の中でのキャンプを体験したチボリチームは若干余裕の顔。しかし富士山の力は凄く激しく極寒の中での野営になり寒すぎて1時間おきに目がさめ全然寝れづ、鼻血が出そうなくらい乾燥して冷え切った空気を少しづつ鼻から呼吸して冷え切った足の裏をこすり合わせ、大地の熱を全身で受け止めた貴重な一夜でした。

お宝の山
数百円から数十万円のプライスレンジで大量のパーツが集まる。今年はプルバックハンドルを1000円で購入。

開場前のブース
昨晩の寒さで体が動かない。


来場して頂いたみなさま、お会い出来て大変嬉しかったです。

またお会いしましょう!

A Happy new year!
Previous PostOn the record

Related Article

On the record

VIBES MEETING 2019 Tochigi